株式会社コスモ測量ロゴマーク

事業案内

事前測量

水準測量

水準測量は高さを求める測量です。メインの計算は四則計算なので比較的簡単に出来ます。土木工事で見られる測量は大抵この水準測量です。観測は視準線を水平に出来るレべルという望遠鏡で、 目盛りの付いたスタッフ(標尺)と言う棒を読み取ります。

水準測量の求め方

水準測量の求め方

右の図の例で、c点の高さを求めたい場合は、既設水準点aの高さHを成果表で取り出します。
その次にレヴェルでA1とB1の目盛りを読み取ります。点bの高さは(A1−B1)+Hで求められます。
次にB2とC1の目盛を読み取り、bの高さ+(B2−C1)でcの高さが求められます。
ただし、これだけだと精度が悪いので、多角測量と同じように観測路線を作って、複数の方向から求めるようにしています。

路面形状測定機

「ハンディするする」は傾斜計と計測台車上のデータ解析機から構成されています。2輪+補助輪から成る測定機本体を人間が歩く速度で押しながら、路面形状の測定を行います。 傾斜角度を測定しながら、車輪に取り付けられている測定機で距離を測定し、双方の測定結果から路面の高さ(形状)を求める方式を採用しています。

解析図作成中

切削ボリューム解析ソフトにて数量計算、横断計画図の作成。CADにて、縦断図・平面図の作成。